気配を頼りに探しにゆくよ

明けましておめでとうございます。

まだ、ぜんぜん、有効ですよね?1月6日なら?

 

2019年も、棚卸し明けに、年始の挨拶していた。

はてなダイアリーが終わるので - とり、本屋さんにゆく

 

今年は、年始早々の棚卸しだったので、

まだまだ年始!ていう日付ではあるけれど、

晦日~元旦勤務、棚卸しと、既に3か月くらい、

走りぬいた体感ですから、早く春が来てほしいくらいのキモチ。

 

去年の読書を振り返る記事は、またいずれ。

今日は、徹夜明けの朝食を取ったらそろそろお迎えの時間なので

手短に、もうすぐやってくる、はせしょの森の散策について。

 

 

去年は、とてもじゃないが、ひとり芝居をやれる状況になかった。

2月くらいには、「この夏も」みたいなキモチもあったのだけど、

まぁ、コロナもあったし、新しいお店でもまったく余裕は無く。

 

今でもそんなに余裕ができたわけではないのだけれど、

はせしょの森での森林浴をすることの方が、私にとっては、

魂の回復に不可欠で、重要至急の救済なのであった、とは、

走馬灯に流れる字幕のことば。

 

てなわけで、久しぶりに、長谷川書店さんにわがまま言って、

1月24日(日)に、またもや売り場にお邪魔することになりました。

今回は、感染予防のことも考えて、終始、箱に入ったまま、

声だけでお店を賑やかすことになりそうです。

 

箱、とは。

2018年の夏、稔さんが一生懸命作ってくれたあの、箱。*1

ひとり芝居の後もしばらくはお店の邪魔をし続けたらしい、

あの段ボール空間をまたしてもこしらえてもらって、

その中で、私がしゃべったり、黙ったり、する。

 

なにこれ、ぜんぜん、意味が分からない。

 

でも、ゆく。はせしょの森の空気を吸わないと、

魂が枯れてしまいそうだから。自由に生きることを、

練習するために、ゆく。はせしょにゆく。

気配を頼りに探しにゆく、

あなたを。

 

どうか、ボクの魂のレッスンを、

応援しにきてください。

 

今年もよろしく。

皆さま、楽しく暮らしてゆきましょう。

とほんおさめ2020「名残り」

病と障害と、傍らにあった本。

 

約束のミーティングを一本。

決められたタスクをクリアするのは、

たいへん、心身をほぐしてくれる。

 

たまったタスクからの視線を感じるのは、

たいへん、心身をこわばらせることになる。

 

こわばりをほぐそうと、

外へ飛び出す。

 

車中のとも。

南木佳士『根に帰る落葉は』(田畑書店)

 

「岩鏡巌をよぢ来し掌のほてり」良かった。

あっしも老いてから山に入門できるかしらん。

そんなことを夢想しながら、商店街を抜けて、

とほんさんへ。

 

購入。とほん。

病と障害と、傍らにあった本。』(里山社)

群像 2020年 12 月号 [雑誌]』(講談社

橋本亮二『本を抱えて会いにいく』(十七時退勤社)

小野明:編『絵本の冒険 「絵」と「ことば」で楽しむ (Next Creator Book)』(フィルムアート社)

 

『群像』には、スナガワさんの文章が載っている。

ならば、ここで買わねば!な一冊。そんな一冊が、

他にもたくさんあったけど、欲しい気持ちとか、

そのときの気分とか、いろいろな要素があって、

この4冊(予算オーバー)。オーバーついでに、

名残惜しみの会話をしながらポストカードも追加。

 

例の、すばらしいトートバックのイラストが、

ポストカードに!!20枚くらい欲しかったが、

3枚だけ買った。誰に書こうかな。

 

年末の挨拶に行ったのに「よいお年を」言いそびれた。

SNS世界の弊害か、いつでもつながっている気がしているのかな。

来年もまた、スナガワさんに会いに、とほんさんへゆこう。

 

西大寺で乗換える際、改札を抜けて古本屋蝶野へ寄る。

外の棚がガラガラだったので胸騒ぎがしたが、

中に入って棚を眺めていると、店主が商品を少しずつ、

外に運んでいるように見えた。品出し中だったのか。

 

購入。古本屋蝶野。

佐藤泰志きみの鳥はうたえる (河出文庫)』(河出書房新社

開高健『人とこの世界』(中公文庫)