作文教室から始める津村記久子

苦手から始める作文教室 ――文章が書けたらいいことはある? (ちくまQブックス)

 

津村記久子の本を初めて買った。

これだ。

 

津村記久子『苦手から始める作文教室』(ちくまQブックス)

 

昨日、とほんさんで買った。

昨日はとほんさんでいろいろ買った。

その中の、一冊だ。

 

まだ会計をお願いする前の、

他に買う本を選んでウロウロしていた時だったか、

「書くことが、気になっているんですか?」

といった感じのことを、スナガワさんに聞かれた。

「はい」と、答えた気がする。

 

気になっているんです、書くことが。

 

この本の帯には、

大きめの字で、

 

苦手から

始める

作文教室

 

とあって、その下に色を変えて少し小さく、

 

書くことで

自分を見つける

 

と書いてあった。

 

「自分を見つけたいんですか?」

と聞かれていたなら、やすやすと「はい」とは、

答えられなかったような気がする。それでも、

答えはイエスだろう。インドに行って自分を見つけたい、

とは思わないが、書くことで自分を見つけられるなら、

見つけてみたい。

 

いや、自分を見つけたいから書きたいわけでもなかった。

 

この本は、と書いて、これを、この記事、

この「とり、本屋さんにゆく」の今日のこの記事、

「作文教室から始める津村記久子」を読んでいるひとは、

「この本」が何だったのか、もう分からなくなっているんじゃないか、

と心配になった。

 

なので、もう一度、書名を書くことにした。

この本、『苦手から始める作文教室』は、とてもていねいに、

ひとによってはひどくまどろっこしくて憤慨してしまうくらい、

「文章を書く」という作業について解説してくれている。

しかも、しかもという接続詞がふさわしいか不安だけど、

それが「メタ的」に説明されているので、メタ好きな私としては、

読み進めるうちにどんどん鼻の穴が開いてきてしまう。面白い。

 

まず、自己紹介から始まる。

自己紹介の「紹介」に「しょうかい」とルビがふってある。

この本は、「紹介」という漢字が読めない人に対しても開かれている、

ということが、分かる。次にルビがふられているのは、

津村記久子で、つむらきくこ、とある。親切だ。

 

ここまで書いてみて、「長い」と思った。

この調子で書いていくと、長くなりすぎる。

しんどい。書く方がしんどいなら、読む方は。

 

そういえば、私はまだ、

この本を読み終えていないのだった。

けれども、この記事を書き始めてしまった。

 

つまり、この本は、まだ読んでいる最中から、

何かを書き出さずにはいられないくらいに、

何かを書きたくなっちゃう本だった、

少なくともあたしにとっては。

 

すごい。

 

こうして、読みかけで書き出すことになった、

その、最後に読んだところに書いてあったのは、

ゼロ文目のことだった。

 

ゼロ文目?

ゼロ文目!

 

作文用紙の裏、または空いたところに「今からコバエについて書きます」とうすく書いてください、とわたしが申し上げたのは、書き出しよりもさらに前の文、書き出しを1文目とするのであれば、ゼロ文目としてその文があれば、書き出しの文も決まりやすいのではないか、と考えたからです。(p.58)

 

これまでにも何度か、

津村記久子の本が気になったことがあった。

今回は、津村記久子の本だから買ったわけではないが、

「面白そうな本だな、読んでみたい」と思った本が思いがけず、

前から少し気になっていた津村記久子さんの本だったので、

得したな、という感じだった。そして、すごく面白い。

読み途中でブログ記事を書き出すくらい面白い。

 

なので、今度、別のツムラさんの本も、

探して触ってみようと思います。

買いたくなったらいいな。

 

とほん/奈良大和郡山の本屋:https://www.to-hon.com/

2023とほん初め「胎動」

ここに素敵なものがある

 

図書館に行く、と言って家を出た。

妻の自転車を借りて駅へ向かう途中で、

そうだ、とほんさんに行こう、と思った。

このまま自転車で行けたら素敵だとも思った。

駅近くの駐輪場に自転車をとめて、電車で行った。

 

「今年もよろしくお願いします」と、ご挨拶。

2021年もお世話になったけれど、2022年は、

ほんとうにいろいろと助けていただいた。

もう、カウンターの向こうにいるスナガワさんは、

久しぶりに会った父親よりも近しい存在のようだった。

 

2023年も、お世話になります。

 

お客さんが何人も棚を散策していたので、

少々、申し訳ないキモチをこめかみに刻みながら、

またしてもいろいろ聞いてもらったり、

聞かせてもらったりした。でも今日は、

ゆっくり棚も見ることができた気がする。

 

「とほんでこれ買いましてん」の採用本が売れたそうで、

とても嬉しい。僕が紹介したのは、ブードゥーラウンジだ。*1

他の方の紹介ラインナップも、紹介文章も面白かった。

とほんさんで買い物をしている顔も知らないお客さんが、

同級生というか、ちょっと面白い距離感の仲間になった、

みたいな、そんな感覚もあって、ステキだった。

『庭とエスキース』とか、いいよなぁ。

 

いつも現金で買うようにしていたのだが、

うっかり買いすぎてカード支払い。申し訳ない。

そしてけっこう買ったはずなのに、買い漏れも数冊。

それは次回だ!

 

「これは置いてませんか?」と訊ねた本は、なかった。

なんとなく、仕入れてくれそうな雰囲気もあった。

それも次回だ!

 

2023年も、お世話になります。(二回め)

 

購入。とほん。

津村記久子苦手から始める作文教室 ――文章が書けたらいいことはある? (ちくまQブックス)』(筑摩書房

内田義彦『読書と社会科学 (岩波新書)』(岩波書店

古井フラ『静けさを水に、かきまわす』(フルフラ堂)

リチャード・ブローティガン、中上哲夫『ここに素敵なものがある』(百万年書房)

那須耕介つたなさの方へ (ちいさいミシマ社)』(ミシマ社)

 

そうそう、レジ横棚の一画をお借りして、

古本を置かせてもらっております。

お立ち寄りの際は、ぜひ、

触ってみてください。

*1:鹿子裕文『ブードゥーラウンジ』(ナナロク社)