春、乱読。

ウィーン近郊

 

読了、ゆうべ。

黒川創ウィーン近郊』(新潮社)

 

小説から遠ざかりつつある、と最初に感じたのは、

いつだったか。すでに、学生の頃か、あるいは、

卒業して数年、本屋さんでバイトするようになってからか。

小説を読んでいる人の姿が、まぶしく思えたりもした。

 

遠ざかる、というと、少し、実際とは違っているかもしれない。

読んでいる本たちの中に占める小説の割合が減ってきた、という感じか。

読まなくなってしまったわけではないのだが、手に取る回数が、

減ってきたのだった。読むのは、好きだった。読み終えて、

本を閉じて現実世界に向かうとき、「読み続けたい」と、

そう感じるのが苦しいな、と思ったのだった。

 

それならば、読んでいるさなかと、本を閉じた後とで、

脳内で描かれる「世界」が地続きならばいいのではないか、と、

「ノンフィクション」的な読書が増えていった気がする。

エッセイとか、評論的な新書とか。こないだみかけたツイートで、

「小説を読む困難さに、小説世界へ飛び込む過程と、帰ってくる体力が」

みたいなのがあって、ていうかぜんぜんうろ覚えで検索してみたけど、

見つからないからそのままうろ覚えのまま書いていきますけど、おおむね、

自分の実感と変わらなかったのだけど、なんて言ったらいいのだろう、

性格とか環境とかそういう問題ではなく、「読む体力」の問題、

だったのか、とか思って、それならばしかし、20代半ばで、

「小説を読む体力が衰えてきていた」っていうのは、

にわかに信じたくない状況で、しかも、それに甘んじて、

どんどんと物語に手を伸ばさないままに自分を弛めていってたなんて。

 

これから老眼のこととか、「読む」というのに対して、

ネガティブな要素がどんどん増えてくるんじゃないか、

ってなことも加味して、改めて、小説に対するブレーキを、

全開にする、ブレーキを全開って、言う?アクセルじゃなく?

読みたい、と思ったら、反射的に読んでいこうかな、と。

 

てなことは、今日、いま、ここでつらつら考えただけで、

昨日、『ウィーン近郊』を購入したときにも、車中、

びゅーびゅー読み進めていったときにも、全然、考えてなかった。

今日、さっきラーメン食べながら佐藤泰志を読んでいて、

登場人物若いな、とかもちらっと頭をかすめたけれど、

向こうの席で文庫本読んでる老人をちらちら気にしながら、

こんな風に、「お行儀悪く本を読める自分、ガンバレ」とか、

小説をごくごく読んでいることに久しぶりの「爽快感」も覚えたり、

そんな風な「体感」から後付けでことばをこしらえただけなのだ。

 

購入。とほん。

 レベッカ・ソルニット、渡辺由佳里『それを,真の名で呼ぶならば: 危機の時代と言葉の力』(岩波書店

田口史人『父とゆうちゃん』(リクロ舎)

『続 次の本へ』(苦楽堂)

 

 

とほんさんからの帰り、郡山駅のホームにのぼる坂道の手前、

まだ陽が当たっているところにつったって、文庫を読んだ。

 

ひなたのとも。

佐藤泰志きみの鳥はうたえる (河出文庫)』(河出書房新社

これは、前回だったか、とほんさん帰りに蝶野さんで買ったやつ。

コートのポケットに入ってた、ここ2、3日ほど。

 

でも、電車に乗りこんだらもう、モードが変わってしまっているんだ。

 

車中のとも。

吉田篤弘ぐっどいゔにんぐ (金曜日の本)』(平凡社

 

「駄目なロボット・オーケストラ」、サイコー、とか、

ツイートしてたらもう、また、モードが変わってしまって、

近鉄奈良。ラーメン食べながら佐藤泰志へ、戻る。

 

気になる新刊。

立岩真也介助の仕事 ――街で暮らす/を支える (ちくま新書)』(筑摩書房

 

 

学生の頃、ウィーンに旅行に行ったことがあった。

なんとなく、好もしかった。エゴン・シーレの絵も好きで、

美術館にも行ったのではなかったか。「死と乙女」の絵があったか、

ちょっと思い出せないけれども。2019年の秋から語り起こされた物語、

最後にはちらりと、コロナという語も現れた。登場人物の関西弁に、

青が散る』を思い出すなど。んー、やっぱし、小説に、

呼ばれているのかもしれない。

 

 

最近読んだ本。

伊藤清彦、内野安彦『本屋と図書館の間にあるもの』(郵研社)

アーノルド・ローベル 文・絵、三木卓 訳『かえるの哲学』(ブルーシープ)

吉田亮人写真集 The Absence of Two』(青幻舎)

吉田亮人『しゃにむに写真家』(亜紀書房

橋本亮二『本を抱えて会いにいく』(十七時退勤社)

國分功一郎、熊谷晋一郎『<責任>の生成ー中動態と当事者研究』(新曜社

島田潤一郎『古くてあたらしい仕事』(新潮社)

前川恒雄『未来の図書館のために』(夏葉社)

松田道雄松田道雄 子どものものさし (STANDARD BOOKS)』(平凡社

赤坂憲雄、藤原辰史、新井卓『言葉をもみほぐす』(岩波書店

佐久間裕美子『Weの市民革命』(朝日出版社

 

「最近」ってのがどこまで含まれるのか。

なんとなく、関連していそうなのをさかのぼってみた。

『We の市民革命』とか一か月くらい前だけど、たぶん、

今日のレベッカ・ソルニットとかにつながっているはず。

 

そうそう、「真の名」って、「まことのな」って読むのですね。

「真」にルビうってあった。「シン」って読んでしまっていた。

さっそく「真の名」を呼びそこねてるし!